薬事法について

薬事法は、医薬品と食品(いわゆる健康食品)とが混同されることがないように、との観点から健康食品に関わっています。
薬事法でこのような規制を行うのは、消費者に「医薬品」的な誤認を与えるような食品が流通することにより、医薬品と食品に対する概念を混乱させたり、消費者に正しい医療を受ける機会を失わせ、疾病が悪化するといった保健衛生上の危害発生を未然に防ぐためです。(東京都福祉保健局ホームページより)

当社では薬事法に準拠しながら、皆様に、その食品がもつ独自の栄養学を学んでいただき、有効な利用の仕方をご紹介出来れば幸いであると考えております。
医薬品には副作用があり、間違った使い方をすれば、症状をより悪化させる事もございます。
健康食品は文字通り食品ですので副作用はありません。
食品ですので、効果・効能を明記する事は出来ませんが、諸先生方が発表したデータを元にご説明することは可能です。
食品を上手に身体に取り込む事により、当サイトを上手に利用して皆様の健康維持にお役立て下さい。

このページの先頭へ